1cm

わたくしが社会人として初めて仕事をしたのは広告代理店のアートディレクションというものでした。 当時はパソコンなどなく、印刷物は版下という写植が貼られたもので、 私自身もプロダクションから上げてきた版下をツイザを使って写植をずらしたりしました。 格子の定規をデスクに這わせて版下の上でサイズを測っているとつい切りのよい目盛りの数字でラインを引いたり、カットしたりしてしまいます。 ある時、先輩が言ってきました 「このラインを選んだ意味はちゃんとあるのか?切りが良いからって切ったりしてないか?」 あれから30年ほどになり業種は変わりましたが私はまだ格子の定規を愛用しています。 そして目盛りを決めるたびにこの数字を選んだ意味はあるか?と自分に問います。 インテリアは常に数字が関係してきます。 特に窓周りの商材を発注する時はたかが1cm、されど1cmなのでとても真剣に数字を決めます。 輸入生地は伸びたり縮むものがあるので、そのことを考慮して何度も考えます。 誰もわからないわよ、その1cmなど、と言われますが自分にはよくわかるものなのです。

素敵な会話

電車を待っていると藤色のスプリングコートを着た白髪の女性と、年配の男性がポソポソと会話をしていました。 車内で横に座るとその会話が耳に入ってきました。 「クラウディア・カルデイナーレは山猫の方がよかったわね」と女性。 そうだね、と男性が頷きました。 ヴィスコンティの山猫の映画も観られているとは映画がお好きなのかしらと私は耳を立てました。 「私はあの映画の前の彼女が好きだわ」 そんなことを話す女性にまた頷く男性の図がなんとも微笑ましく思いました。 少しまだ肌寒い東京の渋谷で、年配の女性が綺麗な藤色を着こなしていること、 そして古い映画を男性と観た帰りにその女優の話をされていることが心をほんのり温めてくださいました。

4月のSalonアロマからブーケへ🌹のご案内

Salon”アロマ🌹からブーケ💐へ” この春よりスタートしましたサロンでは ”ワインの香りがアロマからブーケに開くよう”に、女性お一人ずつに寄り添いながら、 よりイキイキ輝く女性になるお手伝いをテーマ毎にお仕立てゆきます。 ⚫︎杉並区久我山の景色のよい部屋 (京王井の頭線久我山駅3分) 5ヶ月掛けて取り組みます。 ⚫︎毎月1回 90分  total5回分お1人様¥27,000(消費税込み) ⚫︎2人1組でお申し込みください。毎回1組限定。 今月は11(火曜日)・23(日曜日)のいづれかの大安の日からお選びいただけます。*毎月大安の日に開催 スタート時間は10時から18時の間のお好きな時間からスタートいたします。 🌹1ヶ月目(4月) ・お似合いの洋服の装いとカラーのアドバイス ・綺麗な化粧の仕方をお手持ちの化粧道具を使って。 🌹2ヶ月目(5月) ・憧れるライフスタイルのビジョンの確認 ・自分だけのティーカップの絵付け 🌹3ヶ月目(6月) ・身体が目覚める15のストレッチ ・ワイングラスで知る味蕾と味覚の不思議(お茶を使用) 🌹4ヶ月目(7月) ・住みたい部屋や家のコーディネートプラン作り ・照明・カーテン・壁紙を選んでみましょう 🌹5ヶ月目(8月) ・生きたい道とその道程 ・完成したティーカップでお茶を飲みながらお手紙を綴ります 💐サロンのお申し込み、内容、詳細などはFB「お問い合わせ」からメッセージ、または 当HPの下記よりお願い致します✨ 折り返しご返事いたします。 http://www.topophili.com/about-us

衣かえ

今年に入って断捨離といいますか、荷物の済み分けを3回ほどしています。 昨年末にもしていたので殆ど不要な物もないのですが、そこから更にしているので捨てる物がないほどです。 あれは小学校3年生だったと思います。 急に持ち物や服が違う!と感じ一気に変えたことがありました。 これまで幼稚園児の頃から部屋の家具を動かしコーディネートしていましたが、 装おう服がしっくりこなくて髪飾りやフリフリの洋服などすべて友人に差し上げたのは初めてのことでした。 その後、6年くらいしたらまた「なんか今の自分に合わない、落ち着かない」と感じまた一気に変えたことがあり 自分でも強烈な変化だったのでその時の感情はよく覚えています。 今回は50歳代になったという年齢のことより、ちょうど何かに移行している感じが断捨離、済み分けをしたい気持ちになった気がします。 常に、空間に、Soulと共鳴できる物を置いていたい、包まれていたいと思っているからでしょうか。 この度の断捨離も魂の衣変えという感じかもしれませんね。

日々是好日

当時、人見知りしがちな私は何かで「挨拶とは」と書かれた文を読みました。 あ=会うこと い=意思を表すこと さ=先にすること つ=続けること これを読んでから合点がゆき 人と会うと先にあいさつをしようと思うようになりました。 時々できないこともありますが あいさつをすると相手も交わしてくれたり 場が和んだり良いことばかりです。 あ い さ つ よろしければどうぞ。

雛人形

昨日はひな祭りでした。 もう何年お雛様を飾っていないでしょう。 実家の倉庫に眠る人形に申し訳ないと一年に1度は思うのですがなかなか飾る機会がありません。 成人を過ぎた時に、姉と実家の荷物の分与の話をふざけてした時に 姉は「私はピアノ!」と高価なピアノを希望しました。 私は迷わず「雛人形!」と言ったことを覚えています。 雛人形は7段飾りで、お雛様がお嫁入りする道具がいろいろ揃っています。 化粧鏡、茶箪笥、お食事、あれこれの物を見るのが大好きでした。 多分、この小物が私のインテリア・空間に興味を持った始まりなのかもしれません。

株式会社トポフィリ Topophili.co

ホームページの転記、転写は固くお断りいたします。