アロマタッチテクニックを札幌で。

山の手リフレサロンも1周年を迎え、更に皆さまのお役に立てるメニューを取り入れました。 「アロマタッチテクニック」 100%純粋のエッセンシャルオイルを用いて身体的なものだけではなく 心の緊張を和らげ、リラックスさせて、身体を回復しやすい状態へ導いていくアプローチです。 このアプローチは現代人が悩まされている ”ストレス” ”毒物(添加物など)によるダメージ” ”炎症反応”  ”自律神経失調症”の4つの因子に働きかけ、自然でバランスのとれた身体に戻すサポートをします。 さらに、身体の組織と組織のバランスを整える一方で、エッセンシャルオイルでの働きを高め、身体の経絡や エネルギーゾーンを刺激します。 施術箇所について 上半身がメインになります。首から腰骨の間の背面を施術します。 頭皮にトップのエネルギーゾーンがあるため頭皮にもオイルが付きます。 施術内容について 8種類のエッセンシャルオイルを原液(持病や疾患のある方は使用できない場合もございます)のまま脊髄に垂らし、背中全体、そして頭へと精油を染み込ませてトリートメンとします。 脊柱に垂らすことにより、筋肉や脊柱を通っている脊髄神経にも働きかけ自律神経を整えていきます。 また、成分が浸透しやすい反射区が集中している足裏へもアプローチして効果を高めます。 質のよいエッセンシャルオイルを使う理由について 質のよいオイルは皮膚からの浸透にも優れ、浸透率が高い分、血液へのアプローチにも優れており、血液の流れに乗って全身を巡り、内臓や様々な器官、細胞の隅々まで届くことを可能にします。 このうようにアロマタッチテクニックはよいオイルを使うこと

そばにある美しさ

美という言葉が持つイメージは個人さまざまです。 そして美の基準はその人の主観によって違います。 それでも一人一人が美を意識し、身近に持つようにしていればこの世にゴミという言葉は無くなるのでは?とふと考えてしまいます。 その美という漢字、調べてみれば大きな男の意味を含むとかなんとか。 太古の美は今と引用の意図が違うのでしょう。 時代は変われども美を好まない人はいないのではないでしょうか。 一人一人が美を持って暮らしていれば美があちらこちらにいっぱいになり、美しい国になるのではと思います。

インテリアコーディネーターを利用してほしい

インテリアコーディネーターという言葉が日本で定着し始めたのは80年代位ではないでしょうか? 名称は70年代からあったようですが資格が誕生した80年代から知名度が高まってきました。 インテリアの仕事をしている今の私はウインドウトリートメントだけをご依頼いただくことがあります。 それは新築、リフォームでも一番最後のインテリア仕事になるのでお客様からは「もっと早くにお会いして相談できればよかった」「色だけのアドバイスをするのかと思っていた」というお声を半数以上お聞きします。 世間ではインテリアコーディネーターが何をするのか?相談や色を選んだりというけどお金を取られるならインターネットで自分で買うほうが安くて売りつけられる心配がない、そう思われてインテリアコーディネーターがいなくてもよいとまだ思われてることが多いように感じます。 たとえお金がかかってもインテリアコーディネーターが担当するとキッチン扉の開く向きを使い難い方に提案することはしませんし、カーテンをつけたい場所にエアコンをつける提案もしません。むしろ「こういうご提案ができます」とそこで暮らす人の立場で考え、コーディネーターはこれまでのたくさんの物件、経験を通してアドバイスさせていただきます。 早い段階でお客様のご新居に関わることが出来れば、よりよいご新居のお手伝いができると思っています。 限られた予算の中でお金の分配も大半が家本体に掛けられて、照明、カーテン、壁紙、家具などのインテリア商材に予算がない!という状況に出くわすと、限られた予算だからこそ素敵になるようにしたいのですが、どうしたらお施主様がインテリアコーディネーターを

株式会社トポフィリ Topophili.co

ホームページの転記、転写は固くお断りいたします。