小物作り

モデルハウスのキッチンの上の装飾用に久しぶりにガラス棒をカットし、形を整えながら炉にいれて、ガラスを溶かしてハート型の小物を作りました。 包丁も危なくないようにそっくり風に製作し、小物と一緒にまな板に接着しました。 こういう小物はアイディアを練っている時、製作している時、セッテイングしている時、そして見ていただく人に面白い!と言っていただく時、喜びが増します。 割れた空き瓶のガラスや、再生ソーダガラスを使うとまた表情も変わり味わい深く仕上がります。 今回はお料理が好きな施主に向けてキッチンを充実させたプランなので小物にもこだわりました。 ウキウキ楽しい空間は良いものですね。

墨で書く

ある銀座の場所で思いがけず写経をしました。 美濃和紙に般若心経を墨汁と墨で書いたのは初めてでしたが、なんと心地よい筆のすべりでしょう。 わたくしは墨をするのも、筆を持つのも日頃の生活ではとんとご無沙汰でした。 実は書道は小学一年生から習い始めたのですが、父が一年毎に転勤する暮らしだったので、 その度に初級から始まることに嫌気をさして小学四年生で辞めた経験があります。 久しぶりに吸う墨汁の香りはこの世とあの世を隔てるような凛とした感じがしました。 書道は行為そのものが美しく、そして禅に似ていると思えたのは歳をかさねたから気づいたことかもしれません。 歳を重ねるのもよいことだと、ふと想いました。

株式会社トポフィリ Topophili.co

ホームページの転記、転写は固くお断りいたします。