「心は形をもとめ、形は心を進める」

これまで北欧スウェーデンハウス、欧米輸入建材・住宅のインテリアコーディネーター、そして英国ローラアシュレイのインテリアデザイナーと、殆どがアメリカ・ヨーロッパの素材を使い、ライフスタイル・インテリアのコーディネートをしてきましたが、わたくし自身の暮しは和洋折衷なものです。 ここ最近は日本の伝統文化に触れる機会が増え、これまで何気に飾っていた事も、その物の持つ意味、歴史、背景を知ることで飾り方も変わって来るようになりました。 習い始めた茶道では細かな作法がありますが、その作法、道具の意味を知ると、身体の動き一つにも心が入り、すると心まで凛として清々しく変化して行くことに気がつきます。 「心は形をもとめ、形は心を進める」 お坊さんがお寺で修行するのも、生活、身なり、装いを形から入って心を整えやすいようにしていくためとお聞きしたことがあります。とても同感できるお話だったので心に残りました。 どのような人になりたいか、どのように生きたいか、という自分の想いを実現するためにも暮らす環境は最も大事なことに思います。 家なら外構、間取り、室内外の装材、家具、インテリア装飾。オフィスならエントランス、フロント、デスク周り、ミーティングルームなど、その空間において目的を実現するための要素が散りばめられてあるほど、身の動き、心の動きなどへ影響し、目的や想いを実現する方向に進めてくれます。 ものに心を込めること、形から心にはいること、暮しの礎のような気がします。

秘する花

素敵な人に出逢うと知らず知らず「もう一度会いたいな」と想いを抱いていることはありませんか? また、何故かここに来ると気持ちが穏やかになり、あれこれアイディアが浮かぶこと、ありませんでしょうか? そのような人、場所、物、事などに出逢った時、 ”何故心が惹きつけられたのかしら” ”不思議と此処では閃きが起きる” など少なからず経験されたことがあるかと思います。 その相手の持つ性質、その場の持つ磁力もあるかもしれませんね。 そして何より魅せられて感動する要素がそこにあるからなのではと考えます。 それは停滞、マンネリなど成長が止まった様ではなく、 流れる川の如く、吹く風の如し、 同じ物、同じ時、同じ状態に無いという新鮮さを兼ねている有様だと想います。 目には見えねどもそこには常に新鮮さを感じさせる活き活きとしたエネルギーが在る気がしてなりません。

株式会社トポフィリ Topophili.co

ホームページの転記、転写は固くお断りいたします。