June 30, 2019

目紛しいご時世、社会も環境もどんどん物事が早く変化しています。

その早さについていかなければ「時代という船に乗り遅れてしまいますよ」と急き立てられているかのようです。

世間を見渡すと時間を無駄にするなと言わんばかりのことだらけ。

ひとつのことをしながら他のこともするという「ながら」を推進するようなことが当たり前になってきています。

例えば、食べながらテレビを観る。

音楽を聴きながら電車に乗る。

スマートフォンを操作しながら歩く。

何かをしながら別の何かをする、こんな日々が多いと感性のアンテナが鈍ってしまう気がします。

折角、食事をするのに、テレビの...

June 15, 2019

父、母方それぞれの祖父母の家には庭がありました。

父方の祖父は植物が好きでガラスの温室を持っていました。

温室を囲むようにある庭は薔薇やしゃくなげ、牡丹などの低い花が多く植えられており、

冬季以外はいつも花や落ち葉で季節を感じる賑やかさがあって、花盛りの時にはかくれんぼ、

秋には落ち葉で焚き火をして焼き芋をしたりと、庭なのに山野原にいるような庭でした。

母方の祖父母の庭は、一級建築士の祖父らしく、松や石、金魚の池などが無駄なく配置され、

生け花の先生をしていた祖母の使う花たちが乱れぬ装いで庭に植えられていたのを覚えています。

子供心にとても対照的...

Please reload

​ これまでの便り
Please reload

株式会社トポフィリ Topophili.co

ホームページの転記、転写は固くお断りいたします。