何を見ているか


物が異常にある時代とでもいうのでしょうか。 地球のどこかでは異常に物がないところもあり、水にも困る暮らしをしている人がいます。

水をお金で買う、それも特別な産地で採れた高価な水を飲んでいる人もおります。

たくんさん有るようで、無いような世界。

物や事の付き合い方で世界が変わるような気がします。

付き合い方というのはどのようにそれを見ているか、

どのような事を見て暮らしているかということだと思います。

忙しい時間軸の日本、目まぐるしく変わる社会の中で

自分が何を見て暮らしたいのかをゆっくり考え、

今見えている物や事の見え方を見つめ直し、

見たい物や事を大切に定めると見える物や事が変わってくるのではと最近考えていることです。


0回の閲覧

株式会社トポフィリ Topophili.co

ホームページの転記、転写は固くお断りいたします。