ゆとり


何年ぶりでしょう。

京都を訪れました。

観光に訪れている外人さんもたくさんいらして、英語の看板もあちこちにありました。

仕事では何回も訪れたことのある京都ですが、プライベートでは10年は来ていません。

50歳代になってから初めての京都になります。

見たいところ、触れて感じるアンテナは10年前と随分変わったように思います。

京都も2020年へ向けてどんどん観光向けにホテルが建ち、建物の立て替えも見受けられましたが

そこで暮らす人、商いをされる人、訪れる人がバランスよく調和しているように見えました。

ゆとりというのでしょうか。

東京のような張り詰めたホテルのフロントサービスや会話するのも面倒臭そうなタクシーの運転手さんは

この京都では遭遇しませんでした。

むしろ、あぁ良い旅をしているなと思わせてくれる人の動きや会話、庭や日本建築の佇まいから感じます。

人にも町にもゆとりがある、それは歴史があるが故のことではなく、文化がそうさせるのでしょうね。

生きていく空間に文化がある、大切なことと思いました。


0回の閲覧

株式会社トポフィリ Topophili.co

ホームページの転記、転写は固くお断りいたします。