体のバランス


頭がいたい、肩が凝る、腰が辛い、と体は箇所箇所で症状を表します。

そしてその症状は内臓、神経、精神に影響を与えていきます。

その前後で、わたしたちは「自分はどこか何か病気かも」と心配することが多いのではないでしょうか。

わたしたちの体は実に繊細なアンテナで精妙な仕組みでできています。

例えば日常で「インターネットのつながりが遅い」「猛暑で汗をかく」「台風の備品はどうしよう」といった

暮らしの些細なストレスが体にはすぐにダメージとして伝わっています。

胃腸の調子が悪いと顔のアゴ周りに吹き出物ができたり、

骨盤のバランスがくづれると背骨が歪んで肩こりになる、といったようにその箇所だけのダメージではありません。

またその箇所だけ治療しても『完治』したというわけではありません。

自分の体に何が起きて、何の治療が必要かを箇所と反射区を踏まえながら治療をすることで

今の自分の心身の状況を把握でき、「ではこう改善しよう」と前に向けた治療ができます。

そのためにもよく心の声を聞き、体のサインを見逃さず、無視せずに過ごしたいものです。


1回の閲覧

株式会社トポフィリ Topophili.co

ホームページの転記、転写は固くお断りいたします。