• kaoli

器の仕立て


先日、黒土で茶器を作りました。

日頃は九谷の磁器粘土を使用していますが、うっすらと白い釉薬を上に掛けたくて基礎の土を黒にしました。

デザインのイメージは竹筒を上に積み上げることもできる茶器です。

松竹梅をレリーフにしたいと思いましたので、そのポイントだけを色つけして最後に白の釉薬で仕上げました。

サイズは写真で見ると大きさはわかりにくいですが、一碗の直径は20cmほどあります。

茶器にしては大きすぎますが、花器や鉢として使用するにもよいかと、茶器にも鉢にもなる大きさで仕立てることにしたのです。

松竹梅の柄はお正月でなくても通年使えますので、あると役に立ちます。

また、色も白の釉薬で仕上げると主張しない分、どの場面、空間でも使いやすいですね。


0回の閲覧

株式会社トポフィリ Topophili.co

ホームページの転記、転写は固くお断りいたします。