想像力

更新日:2月8日

北海道の積雪の量は10年ぶりの降雪とのこと。

立春を過ぎた5日、如月の初めての週末に北海道神宮を訪れました。

その道中、雪で真っ白になった公園を通ると、雪の降り止んだばかりの小道に

誰が作ったのか、雪で作られた可愛らしいアート作品が目に入りました。

歩き進めると園内のあちらこちらの樹々にエゾモモンガやウサギ、小熊に・・・と愛らしい動物が点在しています。

通る人々も公園の方々に散らばった動物たちを探して写真を撮っています。

この動物、雪を使ってどなたかが形を作っているのです!

感動してわたくしも動物を撮影していると、すぐ後ろで同じ動物を撮影している人がいらして、

「お先にどうも」と挨拶する自分の心がほっくり温まりました。

知らない行きずりの散歩人たちが、その誰かが作ったアート作品の愛さしさに心動かされ、立ち止まり、会話し、そしてまたそれぞれ歩き出すというシュチュエーションを考えてつくられたかわかりませんが、なんと素敵な想像力で、この寒い中でたくさんの人の心を温める仕業でしょうと感動しました。




閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

包む