November 3, 2019

秋が近づくと樹々の紅葉はわたしたちの目を驚かせます

「こんな色は人間が作りだすことは難しいだろう」

どこからか漂う金木犀の花の香りはわたしたちの鼻を捉えます

「なんていつまでも嗅いでいたくなるのでしょう」

柿、葡萄、リンゴと果物が店先で賑やかに並び目も喜びます

「とても美味しそう!どれにしようかしら」

リンリンリンと草むらで虫の音が聞こえ始めると半袖も肌寒く感じます

「もう暑かった夏も終わりね、コートを出すころかな」

こんな具合にわたくしたちは自分以外の「コト」がわたくし自身の五感に働きかけ

自身の感情を作り出すきっかけになっています。

そのあらゆるコ...

October 8, 2019

札幌では紅葉があちらこちらで始まっています。

4年間暮らした北海道の旭川の紅葉は神がかりなほどに美しいです。

大地に這う石狩川、雄大な天と壮大な山をつなぐ空、輝く朝陽、山の端に沈む丸い夕陽、

旭川の四季はとてもはっきりしており、冬の石狩川の樹氷やダイヤモンドダスト、春の雪解け、夏の植物や生き物のザワメキ、そして錦の織物のような複雑で豊かな色の紅葉。

それぞれが様々に色づいた木々の葉は木洩れ陽を浴びるとより一層その美しさが増します。

一つと同じではない黄、橙、茜、朱、赤へとそれぞれ染まるのは

木々の種類もそうですが、その葉の持つ生命が、環境が各...

September 20, 2019

夏至から冬至に移るこの季節、身体と心もそれに併せて移り変わる季節でもあります。

春や夏に着た衣服をしまい、秋と冬へ向かう衣服の「衣替え」は、人の身体と心を整えることに繋がる素晴らしい生活行為に思います。

衣服を入れ替える時に忘れてしまっていた服や小物を見つけて「あら⁈」という発見や、サイズが合わなくなった自分の身体の変化も感じることができ、また「好みが変わったみたい」という自分の意識の変化も認識することができます。

季節に併せて装いのイメージを変えてみたり、新たに成長した自分を後押しするようなニュースタイルの装いをするなど、これからの秋冬...

September 13, 2019

今夜は中秋の名月です。

立春から数えて二百二十日(9月11日)は台風や集中豪雨が多く、

昔から稲刈りの直前ということもあり無事に稲を刈り終えられるよう神様に祈りを捧げる行われてきました。

台風の季節がすぎると秋晴れが続き、彼岸花、金木犀と芳香が漂い、そして自然界は一層秋が深まり

木々の葉は色づき、虫の鳴き声も少なくなります。

田畑からの収穫や生命の恩恵にありがたく感謝する日、それが十五夜になります。

今宵の東京の夜空はうっすらと曇りがあり、月も見えたり隠れたりと妖艶な夜です。

短い秋の間に、夏の疲れた身体を労わり、心の栄養に美に触れる時間を増やし...

August 29, 2019

好きな絵はありますか?好きな画家はいますか?

何度となく訊かれることはありましたが、自分の家の壁に画家の絵を飾りたいと思ったことはありませんでしたが

在るきっかけで、ある画家の絵を観てからとても惹かれ、その絵を毎日観ていたくなったので買い求めました。壁に絵を飾るとしばらくしてこちらの心持ちまで変わって来ました。

その絵を観ていると音楽を掛けなくても音が聞こえるような、香を焚かなくても香りが漂ってくるような、そんな空間に日に日になってゆきました。

次第にその絵を観ると自分を見つめ直し、その絵に気づきをいただくようにもなりました。

好きな絵を飾る...

August 11, 2019

札幌の畑へ行くと知らずに「ただいま」と心が言っていることに最近気がつきました。

わたくしどもの畑は父が購入した23年前から、半年は畑として、半年は雪の下で休眠をし、育んできたものです。

天候に恵まれていれば今では何でも大地が育ててくれるという安心感がそこにはあります。

春の雪解けから収穫後の秋まで、畑は作物もそうですが、何よりそこに行くわたくしたちの心や体にもたっぷりの栄養を与えてくれるのでしょう。

代変わりもありここ数年は特に畑に行くようになりました。

先日、1年ぶりにお仕事をご一緒させていただいたプロのヘアメイクの方が「去年よりナチュラル...

July 22, 2019

10年程前に友人からオーガニックのエッセンシャルオイルを紹介されました。

当時は仕事でホテルの宿泊生活が多く、心身休まることが少ない生活でしたので、その紹介されたオイルを数種類持ち歩き宿泊先で使いはじめてみたのです。

元気を出すのに役に立つペパーミントは空気もすっきりせるのでホテルのバスルームに、

都度変わるベッド環境を心地よくするのにはラベンダー、

そして体のデトックスにレモンを水に入れて飲んだり。

それまでは香水を愛用しておりましたが、エッセンシャルオイルはつけたり、入れたり、垂らしたりと目的に合わせて多様化できること、また心身に及ぼすそ...

June 30, 2019

目紛しいご時世、社会も環境もどんどん物事が早く変化しています。

その早さについていかなければ「時代という船に乗り遅れてしまいますよ」と急き立てられているかのようです。

世間を見渡すと時間を無駄にするなと言わんばかりのことだらけ。

ひとつのことをしながら他のこともするという「ながら」を推進するようなことが当たり前になってきています。

例えば、食べながらテレビを観る。

音楽を聴きながら電車に乗る。

スマートフォンを操作しながら歩く。

何かをしながら別の何かをする、こんな日々が多いと感性のアンテナが鈍ってしまう気がします。

折角、食事をするのに、テレビの...

June 15, 2019

父、母方それぞれの祖父母の家には庭がありました。

父方の祖父は植物が好きでガラスの温室を持っていました。

温室を囲むようにある庭は薔薇やしゃくなげ、牡丹などの低い花が多く植えられており、

冬季以外はいつも花や落ち葉で季節を感じる賑やかさがあって、花盛りの時にはかくれんぼ、

秋には落ち葉で焚き火をして焼き芋をしたりと、庭なのに山野原にいるような庭でした。

母方の祖父母の庭は、一級建築士の祖父らしく、松や石、金魚の池などが無駄なく配置され、

生け花の先生をしていた祖母の使う花たちが乱れぬ装いで庭に植えられていたのを覚えています。

子供心にとても対照的...

May 31, 2019

週末と月末を使って家の片付けをしています。

日頃から物を創っているとその分スペースが必要になるのでよく片付けをしていますが、

今回はその片付けをしながら、不要な書類やカタログ・資料を整理し破棄しました。

資料などの破棄する目安は5年と言われています。

でも過去に「もう5年使ってないから不要」と思い、6年目に必要になったことが何度かありました。

今はインターネットで情報を探すことができ資料を保管する必要も減りましたが、

アイディア集やヒントメモなどは後から観ると新たな発見や、気づきを貰うことがあり、これは捨てるともうどこにもありません。

そんな経験...

Please reload

​ これまでの便り
Please reload

株式会社トポフィリ Topophili.co

ホームページの転記、転写は固くお断りいたします。